【研究者監修】CBNの効果は?CBDとの違いから違法性・ハイになるのかなども解説

CBNの成分記事
この記事は、研究機関を有する国内唯一のCBD企業「C&H株式会社」で研究する2人の研究者によって監修されています。
C&HではCBNを含む商品やCBDに関する最新ニュースを公式LINEにて紹介しています。お得なプレゼント企画もしているので下記リンクから追加しておきましょう。

CBNとは?

 

CBN(カンナビノール)は、CBD(カンナビジオール)と同じく、大麻(ヘンプ) から抽出される成分の1つで、カンナビノイドと呼ばれる生理活性物質群に分類されます。 

CBDなどと違って大麻に微量しか含まれておらず、その希少性からマイナーカンナビノイドと呼ばれています。

また、CBNはTHC(テトラヒドロカンナビノール)が酸化することで自然に生成されます。

CBNとCBDとの違いは?

CBNは、CBDやTHCと比べてヘンプから取れる割合が非常に少ないカンナビノイドです。

ヘンプから取れるCBNの量は全体の1%未満とされており、「マイナーカンナビノイド」や「レアカンナビノイド」と呼ばれています。

またCBNはCBDと合わせて接種することで、より効果が感じやすいと言われています。CBNの効能について気になっている方は、CBDとCBNの2つの成分が含まれた商品を接種することをおすすめします。

CBNとCBDの違いについての画像

CBNの効果・効能

CBNは、CBDやTHCなどのカンナビノイドに比べると研究が少なく、はっきりとした効果・効能が認められているわけではありません。

CBNに期待されている効果・効能としては以下のようなものがあります。

  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 抗けいれん作用
  • 食欲増進
  • 骨の成長の促進

抗酸化作用

2021年に行われた研究によると、CBNは他のカンナビノイドと共に、体内のフリーラジカルを取り除く効果があると考えられています。

フリーラジカルとは不安定な状態の分子のことで、細胞やDNAにダメージを与えることが知られています。このダメージが酸化ストレスです。この状態が長く続くと、免疫機能の低下や様々な健康問題のリスクが高まります。

CBNの効果として、不要なフリーラジカルを取り除くことで、免疫向上や健康問題のリスクを減少する可能性が示唆されています。しかし、この作用の具体的なメカニズムはまだ明らかではないため、さらなる研究が必要です。

抗炎症作用

2023年にCBNの抗炎症効果について調査した研究によると、CBNは人間のマクロファージという細胞において、炎症の反応を抑える効果があると報告されています。[

マクロファージは、体の防御機能に関与する細胞の一種です。これらの細胞が過剰に活性化すると、体内での炎症が引き起こされます。炎症は、体が感染や外部からの攻撃に反応する際の自然な防御メカニズムですが、反応が過剰になると、さまざまな健康問題の原因となることが知られています。

CBNが炎症の原因となる物質の産生を抑制することで、これらの健康問題を予防する可能性が考えられます。しかし、CBNの抗炎症作用の詳細なメカニズムや、その効果の範囲については、まだ十分に解明されていないため、今後の研究が待たれます。  

CBNは睡眠の質を改善する

2023年に行われた不眠症に対するCBNの有効性を検証する臨床実験では、CBNが日中の活動に影響を及ぼすことなく、不眠症患者の睡眠状況が有意に改善されたことがわかりました。

また2021年にアメリカで行われた水溶性CBNの研究では、不眠症患者60名にCBNを含んだ錠剤を投与した結果下記のような結果が得られました。

 7時間未満の睡眠時間 42%から13%に減少
入眠困難 43%から2%に減少
目覚めが悪い 60%から13%に減少

 

研究開始以前に睡眠薬を服用していた14名のうち、8名が睡眠薬の接種の断薬に成功し、2名が減薬に成功しました。さらに研究対象者60名のうち59名が水溶性CBNの効果に満足するという非常に良い研究結果でした。

CBNが睡眠に与える研究結果をまとめた画像 

CBNの違法性は?合法なの?

現在(2024年2月時点)、日本国内にてCBNは合法です。THCやHHCなどの他の大麻関連化合物とは異なり、麻向法(麻薬および向精神薬取締法)では規制物質としてリスト化されていません。

今後規制される可能性は0ではありませんが、HHCやTHCHなどの合法カンナビノイドのような強い精神活性作用はないため、よほどのことがない限りは規制されないと考えています。

CBNの摂取方法は?

CBD製品と同じく、CBNに関してもオイル、ベイプなどの吸引、グミなどの食品など様々な摂取方法があります。CBN製品を使用する際は、信頼できるメーカーから製品を購入し、推奨される摂取量や使用方法を守ることが大切です。

CBNをリラックスタイムに取り入れよう

この記事では、CBNの効果やCBDとCBNの違いについてご紹介しました。適切なメーカーから購入し、用法用量を守れば、リラックスにつながりストレス社会において息抜きに活用できそうですね。

     

    RuffRuff App RuffRuff App by Tsun